海外傷害保険で選ぶ年会費無料のクレジットカードおススメ3選

「なんかよくわからんけど、、、多分保険がついてるはず、、クレジットカードに」

うろ覚えで海外旅行に無保険で行かれてる方は要注意。
想像以上に体調を崩したり、思わぬ事故に巻き込まれた時に莫大な医療費を請求される危険があります。

年会費無料でも保障内容が手厚いクレジットカードがあります。

手持ちのカードに加えて出国しましょう。
必須3枚でおススメしたいクレカをそれぞれの特徴と合わせてご紹介!

カード名傷害死亡・後遺障害
エポスカード最高500万円
Booking.com最高2,000万円
楽天VISAカード最高2,000万円
スポンサーリンク

現地支払いなしで受診可能なエポスカード

傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

今まで数えきれないくらい海外旅行してきましたが、病院のお世話になったことなかった私。
28歳で初めて病院の世話になりました~。インドでのことです。

海外で病気になるとどんな状況か。一人だと悲惨です。
まず、体調が死ぬほど悪いのに病院を探さねばなりません。で、病院にいくタクシーをゲットします。病院についたら、英語で問診。しかも支払いがいくらになるのか不安に包まれます。

体調が悪い時にやるようなことではないのですww

エポスカードさんを持っていればこの不安からは解消されます。
24時間日本人が対応してくれる窓口があるので、そこに電話すると、支払い不要で対応してくれる提携病院を紹介してくれます。

タクシーで病院についたら、クレジットカード会社から病院に連絡がいってるので、スタッフさんの案内に従うだけでOK。
キャッシュレスなので現地での支払いもなし。

これ以上の最強無料クレジットカードを知りません。

クラシックAカードの保険を付帯してるBooking.comカード

傷害死亡・後遺障害合計最高2,000万円
自動付帯分300万円
利用条件分1,700万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任2,500万円(1事故の限度額)
携行品損害20万円[自己負担:1事故3,000円]
救援者費用150万円(1年間の限度額)

一番の魅了は、三井住友カードのクラシックAカードの旅行傷害保険を付帯してること!

※クラシックAカードは通常年会費が1,500円ですが、Booking.comカードなら年会費無料

以外にもホテル予約がお得なので私は海外だけでなく国内旅行でもホテル予約時もお世話になってます。

  • Booking.comサイトでの宿泊代金10%OFF
  • レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクの無料サービスあり
  • キャッシュバックで最大6%還元
  • 「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFF

「海外旅行の保険はクレジットカードの付帯してるはず…でもよくわかってない…」という方には、

最強のバックアップ保険になるカードです。

不正利用対策として楽天カード

傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用200万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用200万円(年間限度額)
携行品損害(免責金額3,000円)20万円(年間限度額)

過去に中国で楽天カードを利用した後、即不正利用されたことがあるのですが(多分スキミング)、カードが不正利用される前に、楽天カードから本人利用確認の電話があり、未然に防ぐことができました。

以来、楽天カードのことをめちゃ信頼するように(笑)

それまでは年会費無料だし、楽天で購入するとポイント還元されるし、海外旅行保険も最大2000万円付帯するし、まぁいっかくらいの気持ちだったのですが、今では手放せません!

クレジットカードは、不正利用されると一度はお金を引き落とされます。

下手すると調査に時間がかかり、返金までに半年(!)かかるケースもあります。

金額にもよりますが、私の友人は留学中に50万円不正利用され、お金が返金されるまで不安で仕方なかった…と漏らしていたのをよく覚えてます。

なので購入時に怪しい!と思って電話をかけてきてくれた楽天カードさんには感謝感謝

ちなみに、不正利用されたのはなんと日本国内で九州の家電量販店で家電を爆買いで利用されそうになってたとのこと。

インドでもほぼほぼ楽天カードさんで決算しましたが、不正利用等、現状全く問題はおきていません。

※もちろん絶対防げるわけではありません。あくまでも私の経験話です。

海外旅行保険は不要?

いえいえ、そんなことはありません。
特に医療費の高額な欧米諸国へ行く際は、クレジットカードとは別で加入しておいた方が安心です。

私の場合、アジア圏にはクレジットカードの保険のみ、医療費がめちゃくちゃ高いアメリカへ行く際は別で保険に加入してます。

クレジットカードは多いほど安心

カード名傷害死亡・後遺障害
エポスカード最高500万円
Booking.com最高2,000万円
楽天VISAカード最高2,000万円

年会費無料でおススメ3選を紹介しましたが、海外に持参するならクレジットカードは多いほど安心です。

時期不良だけでなく、ATM飲みこみ、暗証番号を入力したのになぜかエラー、、等々クレジットカードは安心とトラブルがセットです。

今は年会費無料のカードだけでもかなりの種類がありますし、申込から受け取りまでに時間がかかるので、思い立ったタイミングで作成しておくことをおススメします!

ちなみに、おススメした3つの中でのイチオシは、現地で24時間日本語受付&キャッシュレス診察を受けれるエポスカードです。