海外・国内ホテルをお特に予約したいならBooking.comカードを作るべき理由

学生時代から30カ国以上海外旅行をしてましが、時代とともに格安航空券のお得な取り方も大きく変化してます。

以前はLCCとかなかったですからー!

正直いうと、今はお得な手段が増えすぎて、どのやり方が一番お得なのが、調べることに非常に手間がかかるようになりました。

私自身、調べ疲れ?みたいなのにうんざりしてたのですが、最近ようやく解決しました。

結論からいうと「Booking.comカード」を作ってそれを使って予約するだけです。

スポンサーリンク

Booking.comカードとは?そのメリット

このカードを所有することによって得られる特典は5つあります。

  • 宿泊代金10%OFF
  • レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクの無料サービスあり
  • キャッシュバックで最大6%還元
  • 「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFF
  • 最大2,500万円の旅行傷害保険も付帯

個人的に一番の魅了は、年会費永年無料なのに旅行傷害保険は、三井住友カードのクラシックAカードの保険を付帯してること!

クラシックAカードは通常年会費が1,500円ですが、Booking.comカードなら年会費無料

「海外旅行の保険はクレジットカードの付帯してるはず…でもよくわかってない…」という方には、最強のバックアップ保険になります。

Booking.comカードは宿泊費用が10%オフ

Booking.comは世界160万軒日本でも1万1千軒のホテルや旅館、民泊など、様々な宿泊施設を多数取り揃えているオンライン予約サイト。

最安値保証・2日前までキャンセル無料なので非常に使いやすいのが特徴。

ぶっちゃけ、このカードを使わなくても十分お得なサイトなんです。

が、このカード使うとさら10%オフになるんです。最強×最強×最強。

予約サイトごとの誤差は1%くらい

今は色んな予約サイトがあって、各サイトごとにポイントが貯めれるようになってるし、期間限定の割増しポイントがあったりもして、そういうのを読んでるうちに、最終的にどこが一番なのがわからなくなって、疲れて、まぁいいや…と決めてる方はある意味間違ってないです。

理由は、どこも似たり寄ったりだから。

私の知る限り、10%割引きしてくれるのは、Booking.comカードくらい。

このカードが不向きな方

短期間でかつ一度きりの旅行しかする予定がない方には不向きです。
旅行保険が付帯するのでそれだけでもメリットはあるといえばありますが、うーん、私ならそのためには作成しないかな^^;

楽天トラベルを使って、還元ポイントをお買いもので利用します。

Booking.comカードは、海外だけでなく国内旅行も含め、将来的に不特定回数する方におススメ。

カード作成時の注意点

手元にカードが届いてから初めて利用できます。
私の場合、申込から手元に届くまでに1週間ほどかかりました。

予約時にこのカードが必要なので、旅行の予定がある方は、早めに作成することをおススメします。

海外旅行へいくならクレジットカードは複数携帯が必須

このカードは、現地でクレジットカードとしてももちろん利用できます。Visaなのでオールマイティーに利用可能

  • ATMの飲み込み
  • 磁器不良
  • 盗難

海外旅行時は、クレジットカードは複数枚携帯することは必須。たまに1枚だけの人に出会いますが、すごい度胸だと思う^^;

Booking.comカードを旅の安全のための一枚として手持ちのカードに追加してあげてください。

まとめ

ホテルを安くとるためにサイトジプシーするのは時間と労力はもったいないです。

  •  安く予約を取りたいならカードを作るべし
  •  海外旅行保険も付帯したカードにすべし
  • 年会費は必ず無料のものを選ぶべし

この3つの条件を兼ね備えてるのがBooking.comカードですよ~というお話でした!

お特に利用してる人は、やり方を分かってる人。参考になれば幸いです。