【南インド】滞在型施設でヨガと瞑想を受講して感じた世界の国民性

15年ぶりのインドは、その発展っぷりに驚かされた日々でした。日本の高度経済成長期もこんな感じだったのかなぁ。

今回は、国際貿易都市であるコチに滞在したことも手伝い、より豊かな国際交流も楽しめた。

滞在型施設のアーユルベーダセンターで過ごしたことで見えた各国の国民性のお話をします~

スポンサーリンク

コチ空港近くナーガールジュナアーユルヴェーダトリートメントセンター

今回滞在したのは、旅行記でも書いてるナーガールジュナアーユルベーダセンター
本格的なヨガ道場ではなく、アーユルベーダのトリートメントを目的とした医療施設です。

毎日夕方にヨガと瞑想の時間が設けられており、そこで世界中の患者さんたちと一緒にヨガをして過ごしました。

滞在時、日本人は私のみ。国籍の偏りも少なかったので、多種多様な人たちの中で過ごしたことで、ツッコミ所満載の有意義な時間を過ごすことができました(笑)

インドのゆる~い時間の中でヨガ

空調も虫よけ網戸もないただっ広いスペースなのですが、天井にファンが回ってるので不思議と蒸し暑さは感じず、夕暮れ時の雰囲気も手伝ってただただ気持ちいい。

ヨガマットも日本のとは少し違って、コットンラグのような素材に畳1畳分位のサイズなので身体的にも広々とヨガができました。

そこで体験した日本人の私にはびっくりエピソードをご紹介。

時間を守らない

毎日毎日同じ時間に開始するのですが、毎日毎日遅刻して参加する方がいました。

最初は、えぇ!?と思ったけど、皆さんだれもイライラしてなくて、あらら~みたいな雰囲気。

日本のヨガスタジオだとあり得ない~~!!正直にこの時の私の心境を書きます…

 

めっちゃ羨まし!!!!

 

だって、自分が遅刻できるか?と聞かれると出来ないのですよ…これが…

時間になると、気付くんだもん!!もう子供の頃から身に着いた性ですね..

時間は守る!周りに迷惑をかけない!こういった規律通りに生きることも大切だけど、時として、ストレスになってるんだなぁと。

ちなみにレッスン開始時間の10分前に来てるのは、日本人の私とドイツ人カップルのみ。日本とドイツは真面目って言われてる理由が垣間見れました。。。

場所取りは自分を思いのままに

日本の大型スタジオや、老舗スタジオって、常連さんとか上手な人が先生の前、以外の人はまずは後ろの方からデビューみたいな暗黙のルールがあります。

慣れないうちは、後ろで様子見する方が気持ちも楽なので、この暗黙のルールも救われてる部分もあるのですが、時たま煩わしく感じることも。

しかーし、ここはインド。

みんなフリーダム!!!2週間滞在すると、なんとなく「この人は、この辺を気に入ってるんだな~」とかわかるのですが、だからといって遠慮する必要ないし、そのことで空気が悪くなったりもしない。

そう、空気を読む必要がない。

何度でも携帯を鳴らす

レッスン中は携帯電話の電源を切るように!と最初に先生から言われるのですが、これがまぁ、何度も何度も、携帯が鳴ります。

携帯が鳴っても焦るのではなく、「おぉっと!誰だよ、こんな時に電話してくるのは!困ったもんだ!」みたいなリアクションをとるのー!

えぇ~~~!!?そっち~~!!!?バイブにしてないのはお前だろー!!!

しかも前回レッスン中に携帯が鳴って注意された人がまた、携帯を持参して参加するんだな~

私が絶対できないことをさらっとやってくれるので、もはや尊敬に値するレベル。私は、感銘を受けました。

嫌になったら途中ででる

ヨガのあとに1時間瞑想の時間があるのですが、瞑想は全くの未経験だった私。

途中で抜けたら、迷惑になるだろうし、でも1時間も耐えれるかな、しかも誘導が英語だし、ついてくれるだろうか。。

すんごく迷ってたらモーリタニアのおばちゃんが、おいでおいで!と手招きして誘ってくれたので意を決して真っ暗な瞑想ルームへ。

「目を閉じて想像してみて~、あなたの両親が~、あなたの誕生を祝福してます~」

みたいなゆっくりした英語の誘導で始まったので、どうにかついていけそう、と安心して始ったものつかの間、やっぱり、瞑想ってむずかしい。

英語を聞き取るとることに集中するので、リラックスできないし、おぉ、、これが1時間続くのか、、と20分くらい経過した所でちらりと薄めを空けて横を見ると…

えーーー!!!
誘ってくれたおばちゃん!おらんくなっとるし!!!

ってか、もう私しかおらんやん!!!!

最後の一人って、私がでたら終了ってこと?!めちゃ出にくいやんけ!!

確かにつまらんけど、みんなあからさま過ぎやろーー!!

そう思いながら瞑想ルームを出ると、早々とリタイアしたメンバー達にがすでに別の話題で談笑してすごしてるやーん。

「あなたどうだった?まじでつまらなかったね!!もうびっくり!」

正直か!!

日本人だと、オブラートに、最後まで受けれなかった原因は自分にもあるように、会話をしがちですが、インドではそういった遠慮は一切ありませんでした。

爆死!!

部屋にもどって、自分真面目さと気の弱さに笑いが込み上げてきたのを覚えてます。

雑感

そんなこんなで…
インドの蒸し暑い空気感も手伝って、頭のねじが毎日1本づつ抜けて、なくなっていくような毎日でした。

楽しかった。うん、楽しかった。またお金貯めていくどー!!

インド行きの格安航空券の予約ならエアトリ

渡印する時期によって一番安い航空会社が違います。価格重視ならエアトリ(旧DeNAトラベル)を使って各航空会社の価格比較をすべし!!

  • LCCとキャリア航空会社の比較検索可能
  • リアルタイムで空席照会可能
  • DeNAトラベル限定席あり
  • バーゲン商品多数

私も海外旅行時は、毎回お世話になってまーす♡