インドへ行くなら持っておきたい3種の神器【クレジットカード・地球の歩き方・胃腸薬】

アジアといえども、台湾や韓国、タイであれば、日本のものも簡単に手にはいるのですが、インドとなるとそうはいきません。

初めてインドに行ったのは19歳なのですが、当時の体力を過信して15年ぶりに再訪した今回の旅行では、体力面でえらい目にあいましたww

おばさんになった自分の体をよーく知るいい機会になったと同時に、携帯品次第でトラブル時の悲惨度が全然違うことを身を持って知りました。

インドへ行くなら持っておきたい3種の神器は、クレジットカード、ガイドブック、飲み慣れた薬の3つです。

スポンサーリンク

クレジットカードはVisa

海外旅行へ行く時、どのカードをもっていくか悩みますよねー。インドに関してはVisaです。

年会費を支払ってるアメックスが一番保障が高いので、毎回持っていくのですが、ほぼ使えず。マスターカードはアメックスよりは使えるけど、それだけではちょっと不安。

地方にいく方ほど、メジャーに使えるVISAをおススメします。

海外傷害保険の内容で厳選したクレジットカードを別記事で紹介してます。

ガイドブックは地球の歩き方

ツアーではなく、自力でインドの街を歩いて観光するなら、詳細マップのある地球の歩き方一択!

台湾や韓国であれば、もっとライトなガイドブックでも十分ですが、インドはニッチな情報にこそ助けられることが多いので情報量の多いガイドブックにしましょう。

胃腸薬

前回は貧乏バックパッカー旅行だったにも関わらず、全くお腹を壊さなかったので、正直なめてたのですが、今回は嘔吐も下痢もばっちり体験しました。

ついでに発熱もして、先述した通り、海外旅行で初めて病院のお世話にもなったのですが、すごくバカだったのが日本から飲みなれた薬を一切持参してなかったことw

嘔吐しながら、頭の中はこの子で一杯。

大峰山 陀羅尼助丸 【銭谷小角堂】 封筒入 2700粒
有限会社 銭谷小角堂

めちゃ効くのでおすすめ。
我が家では、陀羅尼助丸を利用してるだけで、自分に合う胃腸薬であればなんでもOKです。

メジャーな商品だと正露丸ですね。

調子が悪くなったタイミングで、ぱっとすぐ飲んでベットで横になれるよう最低限の薬は携帯しておきましょう。

番外編:変圧器

今回はそれなりの価格のホテルに宿泊したので、変圧器が備品として用意されており、全く使いませんでした。

絶対使うと思って持って行ったものに限って必要ないという….旅行あるあるですね。
とはいえ、それほど荷物になるものではないですし、持参することをおススメします。

間違って変圧器を使わず差しこんだら一発で壊れちゃうので注意してください。

次にインドへ行くのは、当分先だと思いますが、どんな経済発展をしてるのか楽しみです♡