育毛で絶対に私がやらなかったこと5選【危険・注意リスト】

私が育毛中に絶対やらないようにしていたことを5つまとめました。

誤解してほしくないのですが、このやり方が絶対というわけではありません。
これをしないことで育毛に成功した人もいるよ~と、一つの情報として参考にしてもらえればと思います^^

①皮脂を根こそぎとらない

皮脂は頭皮を守る宝物!
はい、これとっても大切なのでもう一度いいます。

皮脂は頭皮を守る宝物!

今から20年ほど前、薄毛といえば「脂の乗ってきたおじさん」の専売特許だった時代、抜け毛の原因No1は、洗髪不足でした。
そのため、毛穴を綺麗にする発毛方法が世の中に広がりました。

しかし20年の時を経て、朝シャンが流行し、シャンプーの種類が山ほど増え、現在は逆で、洗髪のしすぎが原因で薄毛になってる方が増えています。

酸化してない綺麗な皮脂は、脱毛の原因にはなりません。
大切な頭皮の保護膜です。

皮脂を根こそぎとるようなシャンプーや洗浄方法は、頭皮を傷め、より深刻な脱毛トラブルの引き金になり得ます。
注意しましょう。

薄毛つら子

ちなみに自然派の洗浄方法だからといって安全とは限りません。

私の失敗談は別記事にまとめてます↓

石鹸シャンプーで薄毛になった私の経験談

②強い力での頭皮マッサージ

薄毛の方の頭皮は硬いです。
硬いからこそ、焦って力任せに動かしてしまいがち>_<

薄毛つら子

私もそうでした。

しかしながら、強い力を加えて無理やり頭皮を動かす行為は、頭皮だけでなく毛細血管をも傷つけ、皮下組織にダメージを与えてしまいます。
また摩擦による熱が原因で、頭皮を厚く固くしてしまう危険性も。

せっかく頭皮をゆるめるためのマッサージが、やり方を間違うと全くの逆効果になるのです。
ブラシで叩いたり、マッサージ器でゴリゴリなんてもっての他。

硬くなった頭皮は、正しいやり方でやれば、徐々に柔らかくなっていきます。

マッサージ法で困ってる方向けに、私の経験談を別記事にまとめました↓

薄毛を改善してくれた頭皮マッサージ法【佐藤青児歯科医師・リンパ革命】

③添加物・油っこい料理

髪の毛は血液の余り。
血液を汚すような食べ物は出来るだけ摂取しないようにしましょう。

髪に良い食材を食べることも大切ですが、そればかりを食べるとまた別の偏りが生まれてしまいます。
なので、バランス良く!が一番。

もしお仕事等で外食のコントロールが難しい方は、シリカ水の摂取がおススメです。
私の育毛成功の8割はこのシリカ水のおかげだと思ってます。

詳細は別記事にまとめてるので気になる方は合わせてお読みください。

植物油が薄毛の原因に?ファーストフードやスナック菓子に含まれるフランス脂肪酸とは

④サプリメントの過剰摂取

特定成分の過剰摂取は、毛母細胞を弱らせ、急激な脱毛原因をになることがあります。

通常、体内で使いきれなかった栄養成分は、尿や便、髪になって体外に排出されますが、過剰に摂取され続けることで、体外に排出しきれず、体内に集積していきます。
頭皮下もその一つです。

頭皮下に溜まった老廃物は、毛母細胞を弱らせます。

サプリを摂取する際は、育毛用に医師が監修したものを選ぶと安心です。

★イクモア★

⑤強い薬品を頭皮に塗らない

皮膚のバリア機能を壊すような、強い薬品は塗らないようにしましょう。
個人的にはこれが一番怖いと思ってます。

薬品の合う/合わないは人によって違います。
以前の記事でも書きましたが、私の友人は育毛剤を辞めた途端に、以前より激しい脱毛に悩まされ軽い鬱症状を患いました。

育毛剤を塗る際は、きちんと成分を確認すること、そしてずっと使い続けないといけない製品なのかを、しっかり自分で確認&納得した上で利用するようにしましょう。

一度薬品で破壊されたバリアを回復させるのは至難の業です。

まとめ:育毛でNGリスト

以上が私が育毛中にやらないように気をつけていたことです。
自然派ババアっぽいでしょw

こんなやり方でも育毛できた人がいるよ~くらいに参考にして貰えれば幸いです^^

おしまい!