薄毛の女性は甲状腺ホルモンに問題あり?

「抜け毛の原因が甲状腺ホルモンだと思わなかった・・・」

私の友人は、抜け毛に悩み、一度は脱毛症と診断された後に、甲状腺機能低下症であることが判明。
甲状腺機能低下症の投薬を開始し、半年ほどで薄毛の悩みが解決しました。

それまで山ほど育毛剤や育毛シャンプーを散々購入して試した後に、です。
甲状腺の症状は、体の様々な箇所で不調が出るため、わかりにくく、診断遅れてしまうことが少なくありません。

甲状腺機能低下症(橋本病)になると髪がパサパサに?

甲状腺ホルモンには、髪の毛の成長を促す作用があります。
そのため甲状腺機能が低下すると、髪の毛が細く、そして次第に弱くなり、一度抜けた後も髪の毛が生えてくるまでに時間がかかるようになるのです。

※甲状腺機能低下症の方が必ずしも薄毛になるわけではありません。
甲状腺機能低下症の強さ、期間、個人の体質によります。

抜け毛や白髪を治す方法

甲状腺ホルモンの低下が薄毛の原因の場合、補充することで改善できます。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病) 薄毛

甲状腺ホルモンが異常分泌するのがバセドウ病です。
エネルギーの代謝が正常に行われなくなるため、頻脈や下痢、手足のふるえ、倦怠感などの症状が現れます。

全身の機能に障害が現れるため、ヘアサイクルにもその影響は及びます。

甲状腺機能のチェック方法

血液検査で調べることが可能です。
もし思い当たる症状があれば、病院を受診し、血液検査してもらいましょう。

出来れば甲状腺専門の病院が安心です。
住んでるエリアで検索してみましょう。

Googleで検索する

まとめ:甲状腺ホルモンと薄毛の関係

以上が甲状腺ホルモンと薄毛の関係性です。
甲状腺ホルモンは薄毛だけでなく、全身に影響を及ぼす大切な機能です。

気になる症状があれば、病院で診察を受けましょう。