育毛中は整髪剤は使わないで!理由と使用時の注意点まとめ

女性の場合、髪の毛をスプレーで固めて薄毛を隠す方法を考える方もいらっしゃると思います。
びまん性脱毛の場合、髪を結んで分け目が出ないようにスプレーすれば案外隠せますよね。

しかしながら整髪剤は育毛の邪魔になるだけでなく、薄毛を進行させる原因にもなるので注意が必要。

使用する際の注意点をまとめました。

頭皮に悪影響を与える整髪料

整髪剤の何が悪いって、頭皮の毛穴を詰まらせるだけでなく、薬品が頭皮に吸収されることで育毛の阻害になる点。
乾燥予防にオイルやワックスを毛先限定で使用するならまだしも、固めるためのスプレーを頭皮に向けて使う際は特に要注意です。

ヘアアレンジで薄毛を隠すためにヘアスプレーで固めていてはいつまでたっても薄毛が改善しない所か、さらなる薄毛の進行の一因になってしまう可能性があります。

冠婚葬祭等で一時的な利用であれば、そこまで神経質になる必要はありませんが、日常的に利用するのはやめましょう。

薄毛つら子

整髪料は極力やめよう

整髪剤につかわれている化学薬品

市販の整髪剤の成分を確認してみましょう。
よくわからない横持ちがたくさん並んでると思います。

大部分は化学的に作られた薬品であり、人間のたんぱく質を変性する働きがあります。
日常的に利用することで、頭皮を弱らせ、健康な髪の毛が生えるための頭皮の働きが阻害されます。

髪の毛が以前より細く、クセが強くなってる方は特に注意が必要です。
もしお仕事等でどうしても使用しなければならない場合、できるだけ天然素材のオイルで代用しましょう。

整髪剤が皮脂を汚れにかえる

整髪剤をつけた髪の毛は空気中のゴミやほこりを吸着します。
ワックスをつけた髪であれば想像しやすいですよね。

清潔な皮脂は頭皮の保護クリームですが、ゴミやほこりと混ざることで酸化し、毛穴を詰まらせる汚れた皮脂へと変化してしまいます。

薬品による被害だけでなく、こうした2次的な悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

整髪料を使うことで洗い過ぎを招く

整髪料を使えば、その整髪料を落とすために、いつも以上に洗剤をつけて洗うことになります。
その日のうちにしっかり汚れを落とすことは大切ですが、爪をたててゴシゴシ洗ったりしないよう、丁寧な洗髪を心がけましょう。

シャワーの水流を利用する

細かな水泡で頭皮の汚れをかきだしてくれる塩素除去シャワーも有効です。
我が家で利用しているシャワーヘッドは、マイクロバブルの水泡がでるため、お湯だけでもかなりすっきりします。
水道水の塩素が薄毛の原因?日本は世界で最も濃度が濃い国

薄毛つら子

シャワーのお湯だけで大半の汚れを落とすことが出来れば、シャンプーはわずか数滴でも十分泡立ちますよ。

まとめ:整髪料と薄毛

以上が整髪料が薄毛に与える影響です。
できれば育毛中なら使わないでほしい>_<

3カ月です。
3カ月我慢したら、私は気にならない所まで髪が戻ってきました。

薄毛変化写真

もしお仕事等で日常的に利用しないといけない場合は

  • 出来るだけ頭皮につけない
  • 椿オイル等の天然素材を使用する
  • シャワーヘッドを良いものに変える
  • その日にうちにしっかり洗い流す(強い力はNG)

この4点に気をつけて利用してみてください。

薄毛つら子

日々のちょっとした気遣いが、数カ月後の髪の状態を変えますよ!